モバっちょ


【2017/3/25開催・東千田】第76回広島大学講演会「司法の役割を考える-民事裁判官の職務を例にとって-」を開催します」
 広島大学大学院法務研究科は、小久保孝雄高松高等裁判所長官をお招きして、「司法の役割を考える-民事裁判官の職務を例にとって-」を開催します。

 急速に価値観が多様化する現代社会において司法が果たすべき役割につき、ベテランの裁判官がわかりやすく講演します。

 裁判官だけではなく広く法曹についてより深く知っていただきたくよい機会です。

 将来の選択肢の一つとして関心・興味を持っていただくために、法科大学院志望者のみならず、高校生・中学生の皆さんの参加もお待ちしています。

 多くの皆様のご来場をお待ちしております。

日時:
2017年3月25日(土)14時〜16時

会場:
広島大学東千田キャンパス未来創生センター M302講義室

プログラム:
14:00 開会
14:05〜14:10 秋野法務研究科長挨拶
14:10〜15:45 講演会
15:45〜16:00 質疑応答

講師:
高松高等裁判所 小久保 孝雄 長官

 小久保長官は、昭和50年広島大学政経学部卒業。昭和54年広島大学大学院法学研究科修了。昭和56年に裁判官に任官され、大阪地裁部総括判事、裁判所職員総合研修所長(東京高裁判事)、京都地裁所長などを歴任されています。

【お問い合わせ先】
広島大学東千田地区支援室(総務担当)
Tel:082-542-7014
FAX:082-542-6964
E-mail:senda-bk-sien*office.hiroshima-u.ac.jp
(*は半角に置き換えてください)

ポスター
https://www.hiroshima-u.ac.jp/system/files/75379/%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E7%A2%BA%E5%AE%9A%E7%89%88.pdf (外部サイトへ移動します)