モバっちょ


建築・デザイン工学科の学生が2017年日本建築仕上学会奨励賞 学生研究奨励賞を受賞
【受賞者】
建築・デザイン工学科 4年 田中大貴(河辺伸二研究室)

【受賞名】
2017年日本建築仕上学会奨励賞 学生研究奨励賞

【受賞の内容】
ホイール付ドローンによる外壁タイル仕上げの打音検査:
 最近技術革新が目覚ましいドローンに、建築物の定期報告制度に用いられる打音検査の手法を組み込んで、外壁タイル仕上げの浮きを検出する装置の開発を行っている。結果として、ホイール付ドローンを用いて外壁タイル仕上げの健全部と疑似浮きの相違を判定できる可能性を見出しており、今後の発展が期待される研究である。

【今後の抱負】
 年度日本建築学会東海支部学生優秀学術講演賞の受賞に続き光栄です。ドローンを活用し、建築物の外壁タイル仕上げの検査の抱える課題に取り組みました。今後大学院でも、建築分野におけるドローンの活用の可能性を追求し、幅広い視野を持って研究に取り組みたいと思います。

日本建築仕上学会等詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.nitech.ac.jp/campus/news/5511.html (外部サイトへ移動します)
名古屋工業大学メールマガジン
メールマガジン登録
メールマガジン解除
バックナンバーを見る