モバっちょ


教育学部竹下欣宏准教授らによる論文が、2017年度日本火山学会論文賞を受賞
 教育学部竹下欣宏准教授らによる論文が、2017年度日本火山学会論文賞を受賞しました。

 この論文賞は、雑誌「火山」もしくは「Earth, Planets and Space」に掲載された論文の中で、火山学的に独創的で優れた論文の著者に授与されるものです。

 平成29年5月22日(月)に地球惑星科学連合の連合大会(会場:幕張メッセ国際会議場)にて授賞式が行われました。

受賞対象論文:
Fukashi Maeno, Setsuya Nakada, Teruki Oikawa, Mitsuhiro Yoshimoto, Jiro Komori, Yoshihiro Ishizuka, Yoshihiro Takeshita, Taketo Shimano, Takayuki Kaneko, and Masashi Nagai (2016)
Reconstruction of a phreatic eruption on 27 September 2014 at Ontake volcano, central Japan, based on proximal pyroclastic density current and fallout deposits.
EPS, 68, doi 10:1186/s40623-016-0449-6.

 多くの犠牲者を出す噴火災害となった2014年の御嶽山噴火について、多くの研究機関が協力して行った研究成果の一つです。

 火口近傍における地質調査に加え、多くの噴火映像も解析することで、複雑な噴火推移を詳しく復元することに成功しました。

 この成果は水蒸気噴火の研究のみならず、火山防災面でも重要で、他の火山でも同様の噴火研究の発展が期待できます。
信州大学メールマガジン
メールマガジン登録
メールマガジン解除
バックナンバーを見る