モバっちょ


高谷智英助教が国際心血管薬物療法学会日本部会 研究奨励賞を受賞しました
 平成29年6月17-18日に学術総合センター(東京都一橋)で開催された、国際心血管薬物療法学会日本部会(J-ISCP)第三回学術集会において、分子細胞機能学研究室の高谷智英助教が研究奨励賞を受賞しました。この研究では、乳酸菌ゲノムに由来する新規オリゴ DNA が、骨格筋幹細胞の分化を顕著に増進することを見出しました。ロコモティブ症候群の予防や治療に有用な機能性核酸分子の開発につながることが期待され、今回の受賞となりました。

 受賞対象となった研究発表は以下の通りです。

「骨格筋分化を特異的に促進する新規核酸アプタマーの同定」
〇高谷智英1,2,3、進士彩華2、二橋佑磨3、梅澤公二1,2、下里剛士1,2,3,4
(信州大学 1バイオメディカル研究所、2農学部、3総合理工学研究科、4菌類・微生物ダイナミズム創発研究センター)
信州大学メールマガジン
メールマガジン登録
メールマガジン解除
バックナンバーを見る