モバっちょ


ひらめき☆ときめきサイエンス 復興を目指して!ふるさとのモバイル博物館を作ろう!<終了>
 ひらめき☆ときめきサイエンスとは、研究機関で行っている最先端の科研費の研究成果について、小学5・6年生、中学生、高校生の皆さんが、直に見る、聞く、ふれることで、科学のおもしろさを感じてもらうプログラムです。

 山下裕作です。熊本大学文学部で民俗学を教えています。でも、熊大に来る前は農水省の研究機関等、文系なのに理系の研究所でバリバリ研究してました。理系とか文系とか実は大した違いありません。楽しければ、有意義ならば、何でもできるんです!自分をカテゴライズして行動を制約せずに、自由に境を超えて生きましょう!

日時:
平成29年8月5日(土)実施分 集合時間9:40

場所:
集合場所:熊本大学文法学部本館前
(キャンパスマップ黒髪北地区 [1]番建物の前)

対象:
高校生(25名)

参加費:
無料

申込方法:
「ひらめき☆ときめきサイエンス〜ようこそ大学の研究室へ〜(日本学術振興会のサイト)」の申込みフォームに必要事項を入力し送信してください。

申込締切日:
平成29年7月31日(月)

内容:
プログラム1:復興を目指して!ふるさとのモバイル博物館を作ろう!

 熊本大学ではモバイル型地域博物館システム(MMG)の開発を行っています。これは、持って運べて参加できる博物館です。皆さんが学芸員となって自由に作られる博物館です。建物はありません。パソコンと皆さんが持ってるスマホが博物館本館と研究室です。

 これで大好きなふるさとの魅力を、皆さんが探して集めて展示すれば、そのふるさとの魅力が多くの人に伝わります。地域おこしにも役立ちますね。また、このMMGは防災マップや被災後の復興計画を決めるのにも使えます。地震が起きれば防災・復興本部にもなるのです。

 未来の担い手である皆さんに、是非体験してもらって、もっと使いやすくなるよう、使いたくなるよう、色々なことで使えるよう、沢山のアイデアを出してもらいたいのです。待ってます!

 当日のスケジュール等については、下記URLをご覧ください。

用意する物:
筆記用具、歩きやすい服装・靴(制服でも可・靴は運動靴が望ましい)、水筒(熱中症対策)

特記事項:
 当日はお弁当が配布されます。8月5日は暑いです。暑さ対策・熱中症対策等(タオルとか、水筒とか)忘れずに。荒天の場合は建物内で実施します。

お問い合わせ先:
TEL・FAX:096-342-2462(大学院人文社会科学研究部 山下 裕作)
E-mail:h563f*kumamoto-u.ac.jp
(迷惑メールへの対策のため、メールアドレスの*に置き換えております。)

【お問い合わせ】
マーケティング推進部 研究推進課
096-342-3307

詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.kumamoto-u.ac.jp/kenkyuu/news/ht29314 (外部サイトへ移動します)