モバっちょ


桐山伸也准教授(情報学部)の「認知症ケアのAI解析」研究が静岡新聞に掲載
 情報科学科・桐山研究室では、人工知能技術を駆使し認知症ケアの質の向上を図る研究を進めています。

 医療介護現場の知見をAI解析などで「見える化」し、認知症ケアのエビデンス(科学的根拠)を構築する取り組みを静岡新聞で紹介いただきました。

静岡新聞2018年2月14日朝刊24面

詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.inf.shizuoka.ac.jp/news/detail.html?CN=154163 (外部サイトへ移動します)