モバっちょ


【講座01】《高校生(プレ・カレッジ)向け》2025年「超高齢社会」の未来を考える
 2025年には、団塊の世代が後期高齢者層(75歳以上)に全入します。この7年後の社会では、高齢者が3人にひとりとなり、介護の必要性の高い後期高齢者も18%となりますが、これはちょうど現在の高校生が大学や大学院を卒業・修了し、社会に出たばかりの日本社会の姿です。この時代を予測し、多くの高齢者と共存する新しい未来を共に考えましょう。

【講師】
大原 一興(横浜国立大学 大学院都市イノベーション研究院 教授)
岡嶋 克典(横浜国立大学 大学院環境情報研究院 教授)
福榮 太郎(障がい学生支援室・保健管理センター 講師)
高田 一(横浜国立大学 大学院工学研究院 教授)
関 ふ佐子(横浜国立大学 大学院国際社会科学研究院 教授)
安藤 孝敏(横浜国立大学 大学院環境情報研究院 教授)
工藤 由貴子(元 横浜国立大学 教育人間科学部 教授)

【開催日】
2018年7月27日(金)、8月24日(金)、9月29日(土)

【開催時間】
18時00分〜20時00分
(9月29日(土)のみ17:00〜19:00)

【開催回数】
3回

【受講者対象】
高校生
(高校生以外の方もお申し込み可)

【会場】
教育文化ホール 大集会室

【受講料】
無料

【定員】
200名

【申込受付期間】
2018年5月1日(火)〜2018年9月20日(木)

【主催】
主催:横浜国立大学 公開講座委員会
共催:読売新聞横浜支局

【備考】
 期間中、1日のみ・2日のみの受講も可能です。
【申し込み・問合せ先】
横浜国立大学 研究・学術情報部 産学・地域連携課 地域連携係
TEL:045-339-4455(問い合わせのみ)
FAX:045-339-3057
メールアドレス:sangaku.chiiki*ynu.ac.jp
(*@に変えて送信してください。)

申し込み等詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.ynu.ac.jp/hus/sangaku/19905/detail.html (外部サイトへ移動します)