モバっちょ


経営学科
 企業や組織の経営の3つの領域である、「マネジメント分野」、「アカウンティング分野」、「マネジメント・サイエンス分野」を基礎から段階的、分野横断的に学び、それらをグローバルな視点から総括する教育内容になっています。経営における特定分野の高い専門性をもつとともに、幅広い専門知識を統合できるゼネラリストとしての能力を修得できるカリキュラムを構成しています。具体的には、学生の将来の希望進路を見据え、どのように科目を修得していくかを履修モデルとして示しています。提示する履修モデルには、学問分野横断型モデルのほか、会計やファイナンスといったスペシャリストを目指す特化型の履修モデルも用意しています。このほか、演習科目も充実しており、1年次において経営学を学ぶに際しての基礎知識の修得と企業経営への関心を高めることを目指す「経営学リテラシー」が必修となっているほか、2年次の「基礎ゼミナール」そして、3年次以降のゼミナールの履修を通じて、専門分野の理解の深化を図ります。