モバっちょ


相鉄・JR直通線新駅名称「羽沢横浜国大」駅について
 2017年12月11日、相模鉄道株式会社は、2019年度にJR東日本と相互直通運行を開始する新線上で開業する新しい駅の駅名を「羽沢横浜国大」とし、今後関係自治体との協議を進めていくことを発表しました。

【中村理事(地域担当)のコメント】
 横浜国立大学は、横浜市営地下鉄ブルーライン三ツ沢上町駅、相模鉄道本線和田町駅、同上星川駅のいずれからも距離があり、交通の便の悪い大学として知られていたところです。羽沢の貨物駅に隣接する敷地に誕生するこの新しい駅は、大学の北門、西門からそれほど遠くはなく、大学のアクセスイメージは格段に向上することが期待されています。

 今回の駅名発表は、大学の存在感をアピールする上でとても意義のあるものです。地域との連携を重視している横浜国立大学としては、この駅の開業を契機に、羽沢地区を中心とする神奈川区内の地域のまちづくりと強く連携していきたいと考えています。そして、新駅開業でより大きく発展することが期待される当該地区とともに、大学がより発展していくように、今後いっそう尽力していく所存です。

横浜国立大学理事(地域担当)・副学長
中村 文彦