モバっちょ


工学部学生が「大学生観光まちづくりコンテスト2018 茨城ステージ」において観光庁長官賞とオーディエンス賞を受賞いたしました!
 建築学科4年吉岡研究室の大島正暉さんとデザイン学科3年の今村隆太さんが、「大学生観光まちづくりコンテスト2018 茨城ステージ」に参加し、最優秀賞にあたる観光庁長官賞と、観客の投票で決まるオーディエンス賞を受賞いたしました。

 「大学生観光まちづくりコンテスト2018 茨城ステージ」は、「魅力度最下位脱出に向けた「観光まちづくり」」をテーマに、観光を通じて、地域資源を発掘・活用し、地域自体が大きく活性化するような計画を提案する学生対象のコンペティションです。

 2人は名前の頭文字からとった「まとり」という名前で有志にて参加し、それぞれの専門分野を活かした水戸の観光プランとプロダクトについて提言しました。審査員と会場の方々、どちらにも響く良い提案であったと評判の上でのダブル受賞となりました。