モバっちょ


陸上運動部近藤選手の箱根駅伝出場が内定しました!
 関東学生陸上競技連盟が主催する10000m記録挑戦競技会が、2017年11月25日(土)に慶應義塾大学日吉陸上競技場で行われ、本学運動会陸上運動部の近藤秀一選手(工・3年)が29分13秒71の成績を収めました。この結果、近藤選手は第94回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)に関東学生連合チームとして出走することが内定しました。

 近藤選手は2017年10月14日(土)に行われた箱根駅伝予選会において、個人で全体20位となる成績(59分54秒)を収め、出場権を得られなかった大学の中で個人成績の優秀な選手が各校1名ずつ選出される関東学生連合チームに3年連続で選出されていました。

 関東学生連合チームで箱根駅伝に出走するためには、予選会で選抜メンバーに選出された後、10000m記録挑戦競技会で優秀な成績を残すことが求められます。昨年と一昨年も近藤選手は関東学生連合チームに選出されましたが、箱根駅伝本戦では補欠となり出走することはありませんでした。しかし、今回は予選会と競技会を合わせて関東学生連合チーム内でトップの成績であったことから、箱根駅伝への出走が内定となりました。

 近藤選手から箱根駅伝に向けてのコメントをいただきました。

 「昨年までは箱根駅伝での出走を第一の目標としていましたが、今年は陸上部のエースとして、自分の走りで部を引っ張っていきたいという気持ちが強くありました。また同時に、自分を応援し支えてくれている人々への感謝の気持ちを「走ることで表現したい」と思っていました。自分のためだけでなく誰かのために走ることで、レースでは平常心を保つことができ、このような結果に繋がったのだと思います。箱根駅伝では、自分が走る姿を見た人に「何かを」感じてもらえるよう、そして、自分の走りが東京大学を盛り上げる一助となれるよう本戦に向けてしっかり準備していきたいと思います。応援よろしくお願いいたします。」

 お正月の箱根駅伝をどうぞ皆様も楽しみにお待ちください!

◆本学では近藤選手の所属する陸上運動部のほか、多くの運動部の活躍を支援するために「東大スポーツ振興基金」を立ち上げており、皆様から多大なご支援を頂戴しております。今後とも本学運動部へのご支援・ご声援をよろしくお願いいたします。

詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.u-tokyo.ac.jp/ja/news/topics/topics_z0602_00087.html (外部サイトへ移動します)